お受験で合格を勝ち取る子供によく見られる特徴

一般的な小学校受験においては、第1志望の小学校だけをお受験するのではなく、複数の小学校受験をすることが多い傾向です。
ただ、合格する子は複数の試験を突破する一方で、どれだけ受けても突破できない子供もいます。
お受験で合格を勝ち取る子供にはどのような特徴があるのでしょうか。
この記事では、お受験で合格する子供によく見られる特徴と、合格に導く要因についてご紹介します。

素直である

素直さというのは、お受験だけに限らず、人生のさまざまなシーンで大事だとされています。
素直な性格の子供は、教えたことに対してどんどんと受け入れて吸収し、自分の力としていきます。
一方で、素直さがない子供の場合、教えたことに対して反発してしまいがちです。
もちろん、じっくり教えていくことで、同じように吸収して成長していくことができますが、素直な子に比べるとどうしても時間がかかりやすくなるでしょう。
小さな子供のうちの、この時間の差は非常に大きな差となります。

お受験のように、合格するためのルールや評価ポイントが一定である場合、マナーや言葉遣いが大切でしょう。
また、身だしなみやお勉強などについては、素直に教えを守り吸収する子供は、非常に成長が速い傾向です。
場合によっては、素直じゃない子供と比較して、一回り二回り変わってきます。
このように、何事も素直に受け止めることができる子供は小学校受験の突破力が、非常に高いといえるでしょう。

自己肯定感が強い

自己肯定感の強いという特徴を持っている子供は、伸びやすいといわれています。
自己肯定感という言葉は、聞きなれないという方も多いかもしれません。
高い壁が自分の目の前に立ちはだかったときに、
自分自身が壁を乗り越える力があると感じられるかどうかという能力になります。
このような壁は、乗り越えようという気持ちが重要なのです。

乗り越えようと思えなければ、そもそも乗り越えることができません。
さまざまなことに挑戦して経験を積んでいき、力を伸ばしていくためには必要不可欠なものといえるでしょう。
失敗することもいとわず、自己肯定感が特別高い子供は、自分自身の力でどんどんと成長していくことができます。
このような子供を持っている親御さんは、子供が何かを達成したときに、単純に「すごい!」と褒めるだけではありません。

「○○したから成功したんだね!」などと、結果に至るプロセスを褒める傾向にあるとされています。このように育てられた子供は、行動することが重要であると理解できるので、あきらめることなく前向きに取り組む自己肯定感が強い子供になっていくのです。

生活習慣が整っている

意外に重要なポイントとして、「生活習慣が整っているか」ということも大事です。
人格を形成には、毎日の生活が非常に大きな影響を与えます。
普段から整った生活習慣で過ごしていると、健康的でさらに落ち着いた子供になることが多い傾向です。
落ち着きがあるということは、勉強などをする際にも集中を欠くことなく勉強できるので、さまざまなことを吸収することができます。

逆に生活習慣が乱れてしまうと、子供の成長に著しく悪影響を与えてしまいます。
それは、身体的なものだけではなく、精神的なものにも影響を与えるでしょう。
落ち着きを持つことができなければ、勉強に身が入らず、学習効率が悪くなってしまいます。
このような生活習慣の影響は、子供に原因がありません。
ご家庭が原因となるのです。

親御さんの生活習慣の乱れに、子供はひっぱられてしまいます。
もし、生活習慣が整っていないと感じられた場合は、子供の健やかな成長のためにも、生活習慣の改善をしていくようにしましょう。

まとめ

どのような難関小学校のお受験であっても、簡単に合格できる子供には、素直さや自己肯定感、そして生活習慣などにおいて、合格できない子供よりも優れている傾向があります。
根本的な性格が要因となることもありますが、教え方や褒め方によって大きく改善することも可能です。
今回ご紹介したポイントを踏まえて、小学校受験に臨んでみてはいかがでしょうか?

こちらのサイトで
さまざまな種類のおすすめ商品をご用意しています。
ぜひご覧になってくださいね。

本店はコチラ