英語の幼児教育は必要?メリット・デメリットと学習時のポイント

英語の幼児教育は必要?メリット・デメリットと学習時のポイント
大切なお受験に最高の一着。ママも安心!豊富な品揃え

文部科学省による教育改革で外国語学習が必修化されるなど、早期英語教育に対する社会的な期待度が高まっています。
そのため、「英語による幼児教育は必要か」「幼児向け英会話教室に通わせるべきか」と悩む保護者もいるでしょう。

この記事では、英語による幼児教育の必要性や外国語学習を経験させることのメリット・デメリットを解説します。
「子どもの明るい将来につながる教育環境を整えたい」「適切な方法で英語による幼児教育を進めたい」と考える保護者は、ぜひ参考にしてください。

1.子どもに英語で幼児教育をやるべき?

英語による幼児教育を行うべきかどうかは、保護者の教育方針や子どもに対する想い次第といえます。
「子どもをバイリンガルに育てたい」「国際的な仕事に就いてほしい」などの感情を持つ保護者は、英語による幼児教育を検討しても良いでしょう。

文部科学省は、英語教育の必要性に関して、以下のような見解を示しました。

グローバル化の進展の中で、国際共通語である英語力の向上は日本の将来にとって極めて重要である。アジアの中でトップクラスの英語力を目指すべき。

引用:文部科学省「今後の英語教育の改善・充実方策について 報告~グローバル化に対応した英語教育改革の五つの提言~」

幼児教育は、生涯にわたる学習意欲・好奇心・豊かな人間性を形成するために重要です。 英語による幼児教育を進めることで、英語力のみではなく、思考力・判断力・表現力など、時代の需要に即したスキルを養うことができます。

2.英語で幼児教育を行うメリット

英語による幼児教育には、様々なメリットが期待されます。
幼児教育のメリットを正しく把握し、子どもの個性・性格・関心分野・得意なことをふまえた上で、英語による幼児教育を行うべきかを判断しましょう。

以下では、英語による幼児教育の主なメリットを解説します。

2-1.英語の習得時間を増やせる

英語による幼児教育を行うことで、英語に触れる時間を増やし、英語の早期習得を後押しすることが可能です。

英語を習得するためには「約3,000時間~10,000時間が必要」といわれます。
そのため、小学校・中学校・高等学校での授業のみでまかなうことは困難です。

たとえば、1週間あたり3時間の英語による幼児教育を、3年間継続した場合は504時間の先取り学習ができ、5年間の場合は840時間の先取り学習ができます。

「いち早く語学力を向上させたい」といった希望を持つ保護者には、英語による幼児教育がおすすめです。

2-2.英語への抵抗感が少なくなる

英語による幼児教育では、食べ物や動物のイラストが使用された教材を活用し、子どもの関心を引きつけながら、英語を学べます。
「英語を学ぶことは楽しい・ワクワクする」といった感情を与えられるため、英語への抵抗感を少なくすることが可能です。

英語に対してポジティブな感情を持った状態で、小学校・中学校の英語学習をスタートできることから、英語習得のスピードもより増すでしょう。

2-3.音の聞き分けができる「英語耳」が発達する

0歳から5歳までの期間は、認知能力の成長が著しい時期です。
そのため、幼少期はネイティブ英語を聞き取る力である「英語耳」を育てやすいといわれます。

英語耳を養うことで、ネイティブ英語特有の発音・リズムを自然な音として聞き取り、頭の中で処理することができるようになります。
また、ネイティブ英語をそのまま真似することにより、流暢な発音を身に付けることも可能です。

英語による幼児教育は、ネイティブ英語に近いリスニング能力・スピーキング能力の両方を育てるために有効的といえます。
「日本語訛りの英語ではなく、国際社会で通用する英語力を育てたい」と考える保護者には、英語による幼児教育がおすすめです。

2-4.英語のまま理解する「英語脳」を目指せる

英語による幼児教育は「英語脳」を育てることにも貢献します。
英語脳とは、耳から入る英語を日本語に変換せず、英語のまま理解することを意味する用語です。

たとえば、英語脳の人は「Hello」と聞いた時に、「Helloは『こんにちは』という意味だな」などと頭で日本語に訳すことはありません。
そのため、英語脳を持つ人は、日本語で話す時と同じような感覚・スピード感で、ネイティブスピーカーと会話することが可能です。

一般的に、中学校の授業のように文法・単語の暗記から入る英語学習は、英語脳の形成に不向きといわれています。
子どもの英語コミュニケーションスキルを向上させたい場合は、「聞くこと」「話すこと」を重視した幼児教育教材を使用し、英語脳を育てましょう。

2-5.豊かな感情表現や多様性が身に付く

幼少期から、英語特有のストレートな感情表現方法・意見の伝え方を体験できることも、英語による幼児教育を行うメリットです。
英語を学ぶことで、自分の意見をしっかりと持ち、周りに伝えられるような人に育つでしょう。

また、日本語特有・英語特有の感情表現を両方体験することで、国籍・価値観の違いなどを認めることができるような「多様性」を養うことができます。

3.英語で幼児教育を行うデメリットと対策

英語による幼児教育は多くのメリットがあるものの、実際に行う際はいくつかの注意点があります。
英語で幼児教育を行う際のデメリットを事前に知ることで、子どもにとって適切な対策をとることが可能です。

以下では、英語による幼児教育に伴うデメリットと対策方法を解説します。

3-1.英語の幼児教育が強制になる場合がある

英語による幼児教育を子ども自身が嫌がり、学習効果が上がらないケースがあります。 英語学習を強制した場合、保護者からのプレッシャーを強く感じ、英語に対する苦手意識を抱かせる原因になりかねません。

そのため、英語の学習の強要は避け、遊び感覚で取り組むことができる教材を選択しましょう。
子どもが、「英語は楽しい」と感じるような工夫を行うことが大切です。

保護者も一緒に教材を読んだり遊びに参加したりして、「強制感」がないような環境を作りましょう。

3-2.日本語を正しく使えなくなる恐れがある

幼少期は、母国語である日本語の文法・発音・単語を覚える重要な時期です。
日本語と同時に英語を覚えることで混乱が生じ、日本語の読み書きに支障が生じる可能性があります。

ただし、日常生活に困るほどのリスクは基本的にありません。
日本語は普段の生活から使用しているため、意識しなくても少しずつ習得していく傾向にあります。

また、子どもが日本語の使い方・読み書きなどで迷っている場合は、優しくサポートすることが大切です。

4.英語の幼児教育を取り入れる際のポイント

英語による幼児教育を成功させるためには、継続的に取り組むことがポイントです。
幼少期のみではなく、小学校入学後も英語に触れる機会を与え、英語力の維持・向上を目指しましょう。

また、親子で楽しむことができる学習方法を選ぶことも大切です。
保護者とともに学習を進めることで、子どもの自主性を引き出し、前向きな取り組みを後押しします。

「親子で楽しむことができる幼児教育教材は、どこで購入すれば良いのか」と悩む人は、ハッピークローバーの英語教材をご検討ください。
ハッピークローバーでは、幼児教育のノウハウを熟知した知育玩具・教材だけでなく、入園・入学グッズやお受験用グッズも多数扱っています。

ハッピークローバーの英語教材は、幼児英会話の講師経験者が監修を担当し、絵や音声によってお子様の興味関心を引く内容で制作されています。 また、CD音声はネイティブ教師が担当しているため、ネイティブレベルの発音を養うことが可能です。

親子で楽しく自宅学習を行うことで、学習塾・幼児教育スクール・レッスンなどに通うよりもコストを抑えやすいため、ぜひご利用ください。

まとめ

この記事では、子育て中の保護者に向けて、幼少期から英語を学ぶことの必要性・効果・勉強を進める際の注意点を解説しました。
英語による幼児教育を行うことで、英語耳・英語脳を養うだけでなく、考え方や表現の多様性を理解し、広い心を持つ子どもを育てることも可能です。

一方で、使用する英語教材を誤ったり学習を強要したりすることで、子どもが英語を嫌う恐れがあります。

ハッピークローバーの英語教材は、幼児英会話の講師経験者が監修しているため、親子で楽しく英語による幼児学習を進めることができます。
英語教材以外の知育教材も豊富に用意しているため、ぜひご利用ください。