男子校や女子校を選ぶメリット・デメリットは?

大切なお受験に最高の一着。ママも安心!豊富な品揃え

小学校お受験で学校を選ぶ場合、将来的な進路なども重要ですが、女子校や男子校、そして共学の選択肢もあり、親としては悩んでしまいがちです。
男子校や女子校を選んだ場合には、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?
また、小学校における共学校と男子校・女子校にはどのような違いがあるのでしょうか?
詳しくご紹介します。

女子校の小学校に通うメリット・デメリット

小学校から女子校に通う場合は、エスカレーター式に中学、高校に進学する場合もあります。
その場合は、中学も高校も女子校であることが多いものです。
親の意向で女子校を選ぶことも多いのですが、子供にとってはメリットやデメリット、両方あります。
それぞれについて、詳しく見てみましょう。

・メリット

エスカレーターで進学した場合、小学校から高校までずっと同じ交友関係を形成することができます。
また、同性の友人が共学に比べて多くなる傾向があるので、長く付き合っていける友人が増えることでしょう。
男子がいないことで、体力面や体格差などのイニシアチブを取られることもなく、リーダーシップを形成することも容易になるかもしれません。

・デメリット

一方、女子校では女性ならではの「カースト」(階層構造)が顕著になりやすい傾向があります。
特に異性がいないと、このカーストは変動しにくくなるものです。
リーダーシップをとれる女子がいる反面、女子校にいる間、ずっと表に出てこないような大人しい女子になってしまう可能性もあるでしょう。

男子校の小学校に通うメリット・デメリット

男子校の場合も女子校と同様で、小学校から入学すると中学、高校と男子のみで過ごすケースが多くなります。
男子校に入学することのメリットやデメリットは次の通りです。

・メリット

男子校になるとスクールカーストが存在しにくいため、多様な性格の交友関係を気付くことができる可能性が高いものです。
また、女子がいないことから、女子の目を意識せずに伸び伸びとした環境で成長できるでしょう。
女子がいない環境では、見た目ばかりにこだわり、格好良さを求めるのではなく、中身を含めて個性を伸ばすことができるでしょう。

・デメリット

学校の中に女性がいないと、伸び伸びと成長できることができる一方で、逆に精神的に子供っぽい性格のまま成長してしまう恐れがあります。
また、女性に対する免疫ができておらず、「奥手になる」「女性に気配りの足りない行動をしてしまう」といったこともあるかもしれません。
指導面においては、男子ばかりであることから、荒くなりがちなのもデメリットでしょう。

小学校の共学校・男子校・女子校の違い

共学校と男子校、女子校の間にはどのような違いがあるのでしょうか。

・教育課程

近年では、女性の社会進出の促進や高学歴化などによって、それぞれのタイプによって教育課程には差があまりなくなりました。
また、「男子にも家庭生活での知識が必要だ」という意識の高まりから、男子でも家庭科が必修となっているので、どのタイプを選んでも大きな違いはないでしょう。

・学習指導

男子と女子とでは、精神面に大きな違いがあることから、指導方針にもやや違いが出てきます。
女子の場合は、「励まして自身をつけさせる」、男子では「現実を突き付けて、できないことを自覚させる」ことで学習効果を高めていくものです。

・コミュニケーション能力

異性とのコミュニケーション能力が苦手な子供の場合、男子校や女子校に通うことで、さらに異性に対して苦手意識や劣等感を持ってしまう恐れがあるとされています。
共学校に通わせておいた方が、異性とのコミュニケーションという観点でみれば無難ではあります。

まとめ

小学校のお受験の際には、共学だけではなく、男子校や女子校も選ぶことができます。
男子校、女子校それぞれにメリットやデメリットがあり、一概に共学よりも優れていたり、劣っていたりするということはありません。
子供の性格や家庭内での教育方針と照らし合わせながら、共学にするか男子校・女子校にするかを検討してみましょう。

こちらのサイトで
さまざまな種類のおすすめ商品をご用意しています。
ぜひご覧になってくださいね。

本店はコチラ