藤井聡太を育てたモンテッソーリ!お受験に役立つその教育方針とは

教育に力を入れている家庭で自主的に取り入れられているモンテッソーリ教育。
「モンテ教育」や「モンテ」とも呼ばれます。
このモンテッソーリ教育を取り入れていることを特徴としている幼稚園も増加傾向にあります。
中学生でプロ棋士となった藤井聡太さんを育てたとも言われているモンテッソーリ教育。
お受験にも役立つと言われていますが、どのような教育法なのでしょうか。

藤井聡太棋士が受けたモンテッソーリ教育とは

モンテッソーリ教育は、ローマ大学で初めての女性医学博士となったマリア・モンテッソーリが1907年に考案 した教育法です。
もともと障害児教育や治療に携わってきましたが、障害児に用いていた教育法を健常児にも適用する機会がありました。
そこで、確立されたのが現在も採用されている「モンテッソーリ教育」です。

モンテッソーリ教育は、子供自身が自分自身を育てる力が備わっているという「自己教育力」があることを前提としています。
これは、赤ちゃんが教えてなくても自分で歩くようになっていくことや、子供が周囲に興味を持ち、そこからさまざまなことを吸収し成長していくことなどからヒントを得ていると言われています。

このようなことから、モンテッソーリ教育の思想として、子供には「自立できる能力」「責任感と他人への思いやり」があり、「生涯学び続ける姿勢を持った人間を育てる」ということを目的に掲げています。

モンテッソーリは、これらの目的を実現するために子供を観察しました。
医学博士という専門的な見地からです。
そして、そこから得た事実から独特の教具を開発し、教育法を確立していきました。
大人はあくまでも子供の自発的な成長を手助けする存在にすぎません。

モンテッソーリ教育の内容

日本で行われている教育からすると、モンテッソーリ教育は独特なものでしょう。
その最大のポイントは、教具を用いた活動を「おしごと・お仕事」 と呼んでいることです。
遊びではありません。
教具を用いた活動は、教育効果という一定の目的を達成するために考案されたものだからです。

具体的な教育法を紹介すると、ピンクタワーのお仕事 が特徴的です。
ピンクの大きさが異なる積み木を積み重ねてタワーにしていくのですが、大きいものから順番に積み上げていかないとすべてを積むことは難しくなります。
「ものの大きさや重ねられるにはどうしたらいいのか」など、お仕事を通じて子供はみずからら学んでいくのです。

モンテッソーリ教育は、大きく0~3歳まで、3~6歳までの年齢別に時期を分けています。
まず、3歳までの最初の時期を「吸収する精神」としました。
この時期には、子供が自分で学んでいく力を発揮させる環境を用意しています。
次に3~6歳までを「意識の芽生え」の時期としました。
年齢層の分類に応じて、モンテッソーリ教育を取り入れた幼稚園などが誕生しています。

この時期の教育法は、5つの教育分野に分けています。
5つとは、日常生活の練習、感覚教育、言語教育、算数教育、文化教育です。

モンテッソーリ教育を取り入れたお受験対策

モンテッソーリ教育は、子供の自発的な成長を促す教育方法ですが、この教育を取り入れていたお受験対策はできないものでしょうか。
そもそもモンテッソーリ教育は、子供が1人で自ら学ぶ姿勢を身に付けることが目的です。
小学校のお受験では、基礎学習知識や日常生活などが考査の対象と なります。

モンテッソーリ教育の目的である「自ら進んでするようになる」「できるようになる」という姿勢はまさに小学校受験の際、身に付いていることが求められているものです。
そのため、「自発的に行動させること」「やってはいけないこと」の区別を付けさせることは、まさにモンテッソーリ教育を取り入れたお受験対策とも言えます。

また、モンテッソーリ教育は、お仕事を通して、子供の集中力を鍛えることができると言われています。
小学校受験において、どのような内容が考査の対象となるか、個々の学校によって異なりますが、集中力があることは何をするにしても基礎となる事項です。
直接の受験対策にはならなくても、土台にはなります。

まとめ

モンテッソーリ教育は、イタリアで生まれた教育法です。
日本で昔からある教育と異なるため、独特の雰囲気を感じるかもしれません。
しかし、子供を自発的に成長させるという目的は、小学校受験において重視される子供の積極性や知的好奇心を育てるにはぴったりとも言えます。
取り入れられる部分を取り入れれば、お受験にも役立てることができるかもしれません。

こちらのサイトで
さまざまな種類のおすすめ商品を
用意しています。ぜひご覧になってくださいね。

本店はコチラ