お受験ママの靴はどういうものがおすすめ?

お受験の用意は完璧!
子ども達の準備だけではなく
ママ達は自分の用意もありますね。
スーツ、アウター、鞄、小物!
忘れていませんか??
ママの靴のこと。

足元は以外とよく見られています。
せっかく入念なコーディネートをしたにも関わらず
足元がなんだか残念という方いますよね?

そんな風にならないためにも、
お受験のママ達の靴事情
詳しく見ていきましょう。

お受験のママ達の靴を選ぶ基準は??

■全体のバランスを見て決める
まず基本は自分の着るスーツやワンピースの色を見る!
それに合わせて小物などを決めていく過程で、
靴の色は小物と同系色で合わせるようにしましょう。

これにより、まとまりもよく
すっきしたコーディネートに見えます。

黒に近い濃紺のスーツの場合は、
黒い靴で合わせると全体を引き締める印象になります。

そして服がグレーの場合でも黒い靴がいいでしょう。
靴の黒で重かった印象がグレーのスーツでやさしい印象になります。

■ヒールがあるものを選ぶ

面接はフォーマルな場所です。
その場合は、ヒールがあるものがベストになります。

ただ子どもが幼い時期に、
高いヒールを履くのは気が引けますよね。
そんな時は、3cm~5cmぐらいのヒールでもOK!
このぐらいのヒールであれば
動きやすさと上品らしい姿を両方兼ね備えることも出来ます。

今では働くママを
応援するヒール靴もあるぐらいなので、
色々見てみるといいでしょう。

もちろん、幼稚園受験で子供が小さい場合などは、
無理に高めのヒールを履く必要はなく、
低めのパンプスでもかまいません。

逆にヒールが高すぎるのはNG!
という事も忘れずに覚えておきましょう。
ヒールの太さは細すぎずないものを選びましょう。

素材は革製や合成皮革でいいでしょう。

■避けた方がいい靴

もちろんフォーマルに向かない靴もあります。
エナメルは質感によっては
華美にとらえられることもあります。
なるべく光沢を押さえたものや、
部分的に使っているものならいいでしょう。

またつま先が開いているオープントゥは、
カジュアルな印象が強くなりがちなので、
なるべく控えるのが無難です。

その他であれば

キラキラしたパンプスや
アニマル柄
ファー素材
爬虫類の皮

は避けるようにしましょう。

■控えめが大事

お受験という場所を意識し、
基本的に華美にならないものを選ぶのがポイント!

デザインはシンプルが1番。

装飾があっても
小さいリボンなど、
あまり目立ち過ぎない物を選びます。

お受験のママ達は、どんな色の靴を履くの?

パンプスの色はスーツに合わせて、コーディネイトするのがいいでしょう。

■黒
■ネイビー
■濃いめのグレー

などの派手ではない色であればOK!
こうなると選ぶ選択肢も
とても絞られてきますね。

お受験のママ達は、どんな形の靴を履くの??

基本はパンプスですが
パンプスの先に注目しましょう。
パンプスの先をトゥと言います。
トゥはスタイルに合わせて似合うものが異なります。

さてそれぞれシーン別に見ていきましょう。

普段、パンツスーツやパンツスタイルでかっこよく決めたい方は
ポインテッドトゥ
先端が細くとがっているタイプのものは
細長いシルエットなので、
足が綺麗に見えます。
またはっきりとかっこいい女性のイメージにもなります。

スカートスーツなどで清楚感をしっかり出したい方は
ラウンドトゥかアーモンドトゥ
ラウンドトゥの特徴は、
先端が丸みを帯びており、
アーモンドトゥは
先端がアーモンドのような細さをしています。

これらは基本的にファッション性のある形になります。

でも
お受験の時に履くパンプスはファッション性は要りません。

どんなポイントに気をつければいいでしょうか?

まとめますと


■色は黒やネイビー
■先がとがっていないもの
■エナメルなど光沢があるものはNG
■オープントゥになっていないもの
■スリッパに履き替えるときにスムーズに履き替えられるデザインのもの
■ピンヒールなどヒールがとがっていないもの

これらのポイントを押さえれば印象も優しいものになります。
靴先の印象ひとつで、上品さも加えることが出来ます。

ちなみにパンプス以外の

■ブーツ
■スニーカー
■サンダル

はカジュアルに見えるので
絶対に履かないようにしましょう。

こちらのサイトで
さまざまな種類のおすすめ商品をご用意しています。
ぜひご覧になってくださいね。

本店はコチラ