親の緊張は子供にも伝わる!受験の時に緊張しないテクニック!

大切なお受験に最高の一着。ママも安心!豊富な品揃え

受験前にどれだけ丹念に対策しても、緊張が原因で納得のいく結果が得られないことはあるものです。
慣れない環境で試験を受けて当日の空気感に惑わされると、どうしても緊張してしまいます。
しかし、いくつかのテクニックを知っておくと、人は緊張と上手に付き合うことができるのです。
緊張してしまう原因を分析しつつ、うまく付き合うためのテクニックをご紹介します。

親の緊張は子供に、子供の緊張は親に伝わる

ポジティブな感情は周りの人に大きな影響を与えますが、逆もまたしかり。
さらに、感情は無意識に変化することが多いので、知らないうちに周りに伝染している可能性があります。
これは、お受験の面接において要注意です。
面接は合否に大きな影響を及ぼす大切なシーンですので、いつも通りの実力を発揮しようと緊張する人も多いかもしれません。

ただ、親が緊張という感情を抱えると、子供にも伝わるものです。
その結果、いつもより体に力が入ってしまい、うまく言葉を返せなくなってしまいます。
なぜ人は緊張するのでしょうか。
不安な出来事に直面したとき、自信を持つことは難しいものです。
そういった状態になると、自分の身を守るために交感神経が活発になるのです。

筋肉が収縮すると心臓がドキドキします。
その状態が「緊張」です。
ただ、緊張は決してネガティブな感情ではありません。
うまく付き合うことで、いつも以上の集中力を発揮できるかもしれません。
緊張感を力に変えるためには、どんな方法が効果的なのでしょうか。

緊張をしないためには事前の準備が大事

事前の準備をすればするほど、人はこれからすることに自信を持つことができます。
どれだけ準備しても「やりすぎている」ということはありません。
特に面接に関しては、何度も練習しましょう。
そして、より効果的に練習するために、実際の問答を想定した「実戦形式」の模擬面接も大切です。
親子間で意見を共有し、私生活に関することなどさまざまな内容を聞かれることを想定しておきましょう。

前日には、忘れ物を防ぐために持ち物のチェックシートを用意しましょう。
もし、当日に必要な持ち物を用意できていないと、精神的な余裕がなくなってしまいます。
受験票はもちろん、スリッパや雨天対策のビニール袋など、必要な可能性があるものはチェックシートに記入しましょう。

また、当日は着慣れていない新品の洋服を着用して受験に臨むことになります。
それが原因で子供は緊張するかもしれません。
慣れない場所に、フォーマルな服装で行くのは大人でも同様に緊張するものです。
試験日を迎えるまでに当日の服に慣れておくと、リスクを軽減できるかもしれません。

当日の子供の緊張を緩和するテクニック

どれだけ事前に準備を重ねても、いざ当日を迎えると会場の空気感に圧倒され、緊張してしまうかもしれません。
そこで、試験直前に行える緊張の解消法をご紹介します。

・深呼吸する

緊張すると交感神経が活発になってしまい心臓がドキドキしてしまいます。
深く呼吸をすることで、副交感神経の活動を活性し、緊張を和らげることが可能です。

・緊張を受け入れる声かけ

緊張は必ずしも、ネガティブな感情ではありません。
ドキドキした気持ちを抑え込むのではなく、受け入れることで緊張による悪影響を防ぐことができます。
「緊張しちゃうね」と優しい言葉をかけると、意外に落ち着くことができるものです。

・あくびをさせる

あくびという動作は体をリラックス状態に導くものです。
緊張しているときに無意識にあくびが出るのは、まさに体を落ち着かせる目的があります。
あくびが出ないというときも、大きな口を開けてあくびのポーズをすれば、緊張を和らげることができます。

人の感情は伝染しがちなものです。
子供の緊張を緩和することは、自分自身のリラックスにもつながります。

まとめ

子供にとって自分自身の感情をコントロールすることは容易ではありません。
どれだけ準備を重ねても、緊張が原因で満足のいく結果を得られないかもしれません。
お受験において、親御さんのサポートはとても大切なことです。
そのために、事前の反復練習で子供に自信を持たせ、当日も最大限のフォローをして背中を押してあげましょう。

こちらのサイトで
さまざまな種類のおすすめ商品をご用意しています。
ぜひご覧になってくださいね。

本店はコチラ