子供は親の鏡? 親のNG行動が子供に与える悪影響

大切なお受験に最高の一着。ママも安心!豊富な品揃え

皆さんは、子供の前でどのような親として役割を果たしているでしょうか?
子供というのは、大人が考えている以上に親のことをしっかりと見ています。
子供が気付いていないと思ってやってしまった行動が、子供にはしっかりと見られているもので、子供に悪影響を及ぼす恐れもあるのです。
ここでは、子供に悪影響を与えるNG行動について、詳しくご紹介します。

親のNG行動が子供に与える悪影響

子供の性格は、遺伝だけで決まるものではなく、生活環境の影響も大きいものです。
ここでは、具体的にどのような行動が悪影響を与えるのか、詳しくご紹介します。

・両親が気分屋だと人の顔色をうかがう子供に

親が気分屋で、コロコロと機嫌が変化する場合、子供は困惑してしまいます。
「今は大丈夫なのか?」「よくわからないけど怒っているからやめておこう」など、親の顔色をうかがう性格になってしまいます。

・結果しか見ない親だと、努力しない子供に

子供を評価する際に、結果だけを見てしまうと努力することを知らない子供になってしまいます。
結果だけを評価していると、子供の判断基準が努力に向かなくなります。

・誰かと比較する親だと劣等感の強い子供に

親というのは、周囲の年齢の近い子供と自分の子供をつい比較してしまいがちです。
思っているだけならともかく、子供に対してそのような発言をしてしまうと、子供は「自分は何もできないのだ」と傷ついてストレスを受けてしまいかねません。
劣等感を持ちやすい子になってしまったり、ねたみやすい性格になったりする恐れがあります。

・人の悪口・文句を言う親だと口の悪い子供に

さまざまなことに批判的であり、他人に悪口や文句を言うのを子供が見ると、それが正しいことであると感じてしまいます。
それによって、子供も普段から相手に対して悪口や批判を口にしやすい性格になります。

・過保護な親だと自己中心的な子供に

世話を焼きすぎる過保護の場合、自分自身で考える力が養われません。
また、子供に対して服従的な過保護の場合は、我慢することを知らない子供となってしまうでしょう。
結果的に自己中心的な性格になりやすいです。

・支配的な態度の親だと神経質な子供に

子供を支配的に押さえつけてしまうと、子供は委縮してしまいます。
特に注意する場合に、何かと子供のせいにしてしまうと、細かいことを気にしてしまう神経質な子供になる恐れがあるでしょう。

・干渉しすぎると指示待ちの子供に

子供がやること何かを決断しようとしたときに、親があれこれと口を出して干渉してしまうと、子供は自分で決めることができません。
そのため、指示待ちをする子供になってしまう恐れがあります。

子供のために親が変わるポイント

子供の健やかな成長のためには、親自身も自分の態度を改める必要があります。
次のようなポイントを見直してみてはいかがでしょうか。

・挨拶をしっかりする

子供に対して挨拶を強要するのではなく、親も率先して家族間で挨拶をするようにしましょう。
挨拶をすることで、コミュニケーションのきっかけをつかむことができるでしょう。

・マナーを守る

子供が見ていようが見ていまいが、マナーを守ることが重要です。
普段からマナーを守っていないと、ふとしたタイミングで子供に伝わることがあります。
大人がマナーの良い対応をしていると子供もそれを見習うでしょう。

・子供との約束を守る

親が子供との約束を反故してしまうと、子供にとって約束とはその程度であると認識してしまいます。
将来的に、先生や友達の約束を反故するようになってしまうので、子供との約束はどのようなものであっても守るようにしましょう。

・子供のお手本となる行動をとるように心がける

子供は親を見て成長していきます。
NG行動を繰り返していると、子供はそれをお手本にしたり、影響を受けたりしてしまうでしょう。
恥ずかしくない大人として、子供のお手本となるような行動を心がけるべきです。
NG行動を見直して改善することで、お受験に必要な適切な生活習慣や言葉遣いの改善につながることでしょう。

まとめ

子供の性格というのは、遺伝など持って生まれたものもありますが、それ以上に生活環境の影響が非常に大きい傾向です。
親の言動や行動を真似するようになってしまう、親の心ない行動によって、傷ついてしまい精神がゆがんでしまう恐れがあります。
特に今回ご紹介したようなNG行動をしてしまっている場合は、改善する必要があるでしょう。
ぜひ、参考にしてみてください。

こちらのサイトで
さまざまな種類のおすすめ商品をご用意しています。
ぜひご覧になってくださいね。

本店はコチラ