挨拶できる子供に育てるには!お受験でも挨拶で第一印象が決まる

大切なお受験に最高の一着。ママも安心!豊富な品揃え

お受験などにおいて、しっかり挨拶ができる子供であるかなどはしっかり見られているものです。
お受験の面接の際には、元気な挨拶の有無で合否が決まってしまうこともあるので、軽視することはできません。
ただ、なかなか挨拶ができなくて悩んでしまっている親御さんも多いのではないでしょうか?
ここでは、挨拶ができる子供に育てるポイントをご紹介します。

子供が挨拶できない原因とは

子供が挨拶できない場合は、いくつかの理由が考えられます。どれに該当するのかチェックしてみましょう。

・人見知りをする
人見知りをしてしまう子や、恥ずかしがりやの子供の場合、初対面やあまり会ったことがない人に挨拶できないことや、返事ができないことがあります。
慣れてくると、元気に挨拶できるという特徴があります。

・場所見知りをする
人見知りをしないけども、初めて行く場所になると言葉がうまく出せないというケースもあります。

・他のことに夢中になっている
遊びに夢中になっている場合や、他の気になることに注目をしている場合、挨拶はおろか呼び掛けても反応してくれないことは少なくありません。
集中しきっている場合によく発生することでしょう。

・挨拶をする気分ではない
挨拶をする習慣がまだない子供の場合、タイミングによっては挨拶をしたくないと感じることも多いものです。
特に意味があるわけではなく、単に気分の問題のようです。

挨拶ができる子供に育てる習慣

子供が元気に挨拶できるように習慣づけるためには、いくつかのポイントがあります。

・親が大げさに挨拶する
子供は、親の行動を真似したがる傾向があります。親がしっかりとしつけのお手本にならなければいけません。
そのためにも、親が子供に対して「おはよう」や「ありがとう」といったような挨拶するように心掛けてください。
挨拶をする場合のポイントとしては、大げさすぎるくらいに挨拶することで、子供に印象付けやすくすることができるでしょう。

・家庭内でしっかりと挨拶を行う
家庭内で普段から挨拶をするような環境であれば、子供は積極的に挨拶をするようになります。
もし、普段の挨拶がないがしろにされている場合は、家庭内での挨拶ができる環境を作っていくようにしましょう。

・親が近所の人に挨拶をする
家族内で挨拶をする環境ができたら、次は外でも挨拶できる習慣を身につけさせましょう。
外出した際などに、近所の人と出会った場合は、親から積極的に挨拶をするようにしましょう。

挨拶の習慣づけのポイント

子供に挨拶を習慣づけさせるためには、先ほどのポイントに加えて、毎日少しずつ挨拶について教えていく必要があります。
まず、「そもそもなぜ挨拶をするのか?」「『おはよう』というのはどのような意味なのか」などを教えてあげるようにしましょう。

そのうえで、しっかりと挨拶ができれば、過剰なくらい褒めることが重要です。
また、挨拶ができなかった場合に、叱ってしまうのは逆効果です。
本当は、挨拶したいのに恥ずかしくて挨拶ができないことも多いです。
ある程度、挨拶させることを促していく必要はあるものの、決して挨拶を強要させるようなことをしないようにしましょう。

時間がかかったとしても、自発的に挨拶できるようになるまで、根気よく子供を信じて待ってあげることも重要です。
挨拶はコミュニケーションの基本。お受験の場では、元気にしっかりと挨拶ができる子供は第一印象が良くなります。
挨拶の習慣を身につけられるように、子供に寄り添ってじっくりとしつけに励むようにしましょう。

まとめ

コミュニケーションは、挨拶で始まり挨拶で終わります。
つまり、挨拶は人と人が交流するためには、必要なことであるといえるでしょう。
挨拶が元気にできる子供は、お受験の際にも好印象を与えることができます。
しっかりと挨拶をする習慣を身につけるためには、親が率先して挨拶をして、子供のお手本となることが大切です。
ぜひ、挨拶のできる子供になるように、一緒にがんばってみてはいかがでしょうか?

こちらのサイトで
さまざまな種類のおすすめ商品をご用意しています。
ぜひご覧になってくださいね。

本店はコチラ