太りすぎていてはお受験での印象も悪い? 子供を健康的に痩せさせる方法

大切なお受験に最高の一着。ママも安心!豊富な品揃え

「食事がおいしい!」と食べてもらえることはうれしいものですが、何事も“過ぎる”のはご法度です。
身長が伸びれば痩せるといった考えは、健康的に痩せる方法といえません。
お受験で「食生活において管理ができない家」というレッテルを貼られてしまう前に、子供の肥満リスクを知り、健康的痩せさせる方法を取り入れていきませんか?

子供が肥満になることで起こるリスク

子供が肥満になってしまうと、さまざまな肉体的・精神的リスクが出てきます。

・人と違う見た目、運動が苦手になるなどで自分に自信が持てなくなる

子供のいじめは、視覚的に感じる自分との違いを否定することから始まるものが多いものです。
未就学児のうちは“悪気がない”ということでまかり通るかもしれません。
ただ、大きくなるにつれ深刻な問題に発展するケースもあるでしょう。
また、運動など苦手なものが出てくると、その理由を肥満のせいだと指摘されてしまうため自信をなくし、積極的に仲間の輪に入ることを避けるようにもなります。

・生活習慣病の原因に

ガリガリに痩せて心配するよりも、子供らしさの残るぽっちゃりタイプなら健康面でも不安はありません。
しかし、度を越えてしまうと小児糖尿病や心疾患などの生活習慣病のリスクも高まり、お受験時の印象も悪くなってしまいます。
お受験では子供だけではなく、「親の栄養管理や食事のしつけができていない」という判断をされてしまうことにもなりかねません。
子供が痩せるには、親の食事管理なしに成功することは難しいため、家族みんなで本格的に取り組む必要があります。

子供を健康的に痩せさせる方法

子供が痩せるための方法には、毎日の生活リズムを大きく改善していく必要があります。

・食生活の見直し

食生活の遺伝は、肥満につながる原因のひとつといわれています。
毎日食べる食事の内容を野菜中心にし、バランスよく摂るようにします。
空腹感を感じさせない食材選びなど、工夫も必要です。

食事はゆっくり摂取するように心がけ、よく噛んで食べましょう。
間食や外食にはルールを設け、いつでも好きなだけ食べられる環境を改善していきます。
油や砂糖は控えて調理することも大切です。
朝食はしっかり摂取する習慣をつけ、夜はカロリー控えめなメニューを心がけましょう。

・生活習慣の見直し

早寝早起きをすることで、家の手伝いや朝の運動の時間を確保しましょう。
睡眠時間をたくさん確保すれば、夜間のカロリー摂取を抑えることにもつながります。
徒歩で行ける場所はなるべく歩くようにしたり、家でもストレッチなどを取り入れたりしながら運動を継続させます。
室内での遊びばかりではなく、外遊びで体を動かすように促しましょう。

両親も共に行うことで子供も継続できる

子供だけが制限をする環境下では、精神的にも飽きてしまい痩せることが難しいです。
自分だけが食べられない疎外感も感じてしまいますし、何より家族と楽しみが共有できないという悲しい気持ちも芽生えるでしょう。
両親や家族全員が共に協力して行うことで、一緒に乗り越えていく家族の絆も深まります。
より成功に近づくためには、家族みんなで取り組む必要があるのです。

両親の見た目もお受験には重要です。
太っていることは「だらしのない生活をしている」といった印象を与えてしまうため、子供だけではなく両親もカロリーがオーバーしがちな場合は一緒に頑張る必要があります。
休みの日には家族で体を動かせる場所へ出かけるのもいいでしょう。
各地で行われるウォーキングに参加して、季節を楽しみながら歩くのもおすすめですよ。

運動靴

また、カロリーの低い食材を本人と一緒に学ぶために、ダイエット用のおやつ作りをするのも楽しいものです。
子供が悲しい思いをしないために、ストレスをためないように長期計画で行うことも大切です。

まとめ

子供が健康的に痩せる方法には、大人の協力が必要です。
成功すればお受験でも学校生活でも、前向きに取り組めます。
家族で体重管理のグラフを付けたり、体の計測をして成果が出れば褒め合ったりして、モチベーションを上げて継続できるでしょう。
普段から食生活をしっかり見直して、家族でお受験を迎えてくださいね。

こちらのサイトで
さまざまな種類のおすすめ商品をご用意しています。
ぜひご覧になってくださいね。

本店はコチラ