幼児教室ってどんなところ?授業内容とお受験に有利な教室の選び方

大切なお受験に最高の一着。ママも安心!豊富な品揃え

お受験の情報交換をママ友たちとしていると、「幼児教室には通わせておいたほうがいい!」
という意見を耳にすることがあるでしょう。
しかし、幼児教室がどのような場所で、本当に小学校受験に有利になるのか分からない方は非常に多い傾向にあります。
ここでは、幼児教室の概要やお受験に有利な幼児教室の選び方などについて、詳しく解説します。

幼児教室とは

幼児教室とは、0~6歳の未就学児を対象とした教室です。
幼児教室では、幼稚園にはないようなさまざまな教育が行われており、
お受験を意識しているママたちの多くは、幼児教室に子供を通わせています。
一般的な習い事や塾とは異なり、子供の成長に重きを置いているのが特徴です。

もちろん、一般的な言語教育や数字を使った計算などの勉強もありますが、塾に比べるとその分量は非常に少ない傾向です。
幼児教室では、むしろ情操教育がメインであり、家庭では体験できないこと遊びやコミュニケーションなどを通じて、
はっきりとした意見を持たせて、問題に対しての解決能力などを養うことを目的としています。

このような目的を持っていることから、各幼児教室では独自のコースやカリキュラムを用意しています。
つまり、幼児教室によって取り組みや目的がまったく違ってくるのです。
そのため、小学校受験を意識しているのであれば、お受験に特化した幼児教室に通わせる必要があるでしょう。

お受験するなら幼児教室に入るべき?

「お受験に成功するためには幼児教室に通ったほうがよい」という話はよく聞かれる話です。
小さな子供のころは、好奇心や学習意欲が非常に強いもの。
子供が6歳になるまでには、脳細胞が爆発的に成長し続けます。
しかし、6歳になるとリンクスワンという物質が分泌されて、脳細胞の発達を止めてしまうのです。

つまり、このリンクスワンが分泌されるまでに幼児教室で、適切な幼児教育を行うことで、子供の脳内ネットワークを飛躍的に成長させることが期待できます。
小学校受験はもちろんのこと、将来的な中学受験や高校受験などにも影響を与えるのです。
また、一部では早すぎる幼児教育は子供に良くないという意見もあります。

しかし、生後4ヶ月を過ぎたあたりから、脳細胞は増え続けていくので、むしろ幼児教育は早ければ早いほど高い効果が見込まれると考えられています。
政府においても、幼児教育の無償化を前向きに検討しており、幼児教育が子供に与える影響が注目されているのです。

幼児教室の選び方

幼児教室を選ぶ場合は、次のようなポイントを重視して選ぶようにしましょう。

・子供の目が輝くようなレッスンをしているか
・幼児教育内でのレッスンだけではなく自宅での教材があるか
・少人数制であるか
・知識詰め込み型ではないか
・教材は豊富に用意されているか
・年齢ごとに教育プログラムが明確にされているか
・教室数が多く先生や講師が生徒から信頼されているか
・親子ともに楽しめる教材が使われているか
・小学校受験に特化しているか
・保護者に対してのセミナーやフォローがあるか

幼児教室に通うのは、大人ではなく自分の子供です。
子供自身が幼児教室を楽しいと思うことができなければ、理想的な成長を期待することはできないでしょう。
また、知識ではなく子供の成長に重点を置いた教室を選ぶようにしましょう。
また、忘れてはいけないのが、小学校受験を見据えた教育を進めているかということです。
すべての幼児教室が、小学校受験を目的にしている訳ではありませんので、注意しましょう。

まとめ

幼児教室は、塾などのように学力を磨く場所ではなく、子供らしい成長を期待することができる場所です。
6歳までに体験して成長したことは、小学校受験だけではなく将来的なさまざま試練に役立ちます。
もし、小学校受験を目的に幼児教室を選ぶ場合は、子供自身が楽しめる教室、
そして小学校受験を見据えた幼児教室などを選ぶようにしましょう。

こちらのサイトで
さまざまな種類のおすすめ商品をご用意しています。
ぜひご覧になってくださいね。

本店はコチラ