英才教育とは?メリット・デメリットと学習効果を高めるポイント

英才教育とは?メリット・デメリットと学習効果を高めるポイント
大切なお受験に最高の一着。ママも安心!豊富な品揃え

近年は、子どもに英才教育を受けさせたいと考える家庭が増えています。未就学児の子どもに適切な英才教育を施すことで、子どもの能力や可能性を広げることが可能です。しかし、英才教育の詳細な内容や、子どもへの影響について気になる人も多いのではないでしょうか。

今回は、英才教育の概要やメリット・デメリットなどを解説します。学習効果を高めるポイントなども解説するため、英才教育に興味のある人はぜひ参考にしてください。

1.英才教育とは?何歳から始めるべき?

英才教育とは、幼児期に子どもの優秀な才能・能力を伸ばすために行う教育のことです。右脳が優位である3歳までに英才教育を始めると、子どもの能力を鍛えることが可能であると考えられています。近年では、保育所や幼稚園でも英語学習などの英才教育を取り入れたカリキュラムが組まれており、保護者からも人気です。

1-1.英才教育のメリット

子どもを賢く育てたい人にとって、さまざまな能力を鍛える英才教育は非常に魅力的と言えるでしょう。英才教育のメリットは以下のとおりです。

○遊び感覚で学習が習慣化する

幼少期の子どもは好奇心が強く何事にも興味を示すため、先入観を持たずに学習に取り組むことが可能です。また、英才教育の教材は遊び感覚で学べるものが多く、子ども自身が楽しく学べるようになっています。

○吸収力が高く記憶に残りやすい

子どもの脳は吸収力が高く、記憶力も優れています。成長するにつれて記憶力は低下する傾向にありますが、幼いうちに新しい知識を得て繰り返し脳が刺激されると、記憶力が鍛えられます。特に、興味があることに対する記憶力は抜群であるため、子どもが好きなことを見つけて学習につなげると効果的です。

○右脳優位で感性が育ちやすい

脳には直観力や五感を司る右脳と、言語や論理的思考を司る左脳があり、脳科学の研究では3歳まで右脳が優位にあることがわかっています。したがって、右脳優位である3歳までに英才教育を行うと、感性や感覚を効果的に鍛えることができると考えられています。

子どもが自主的に勉強やスポーツに取り組めるよう、英才教育で幼児期から学習に親しむ環境をつくりましょう。

1-2.英才教育のデメリット

英才教育を進めるうえでは、デメリットを理解しておくことも重要です。英才教育のデメリットの例は以下のとおりです。

○主体性が育たない恐れがある

親が子どもに対して学ぶことを次々に与えると、子どもは自身がしたいことがわからなくなる可能性もあります。結果として、主体性のない大人に育ってしまう恐れがあるため、英才教育を行う際は子どもの興味関心を大切にしましょう。

○自由に遊ぶ時間を奪ってしまう

習い事や英才教育に時間をかけると、子どもの自由時間が減ってしまいます。幼児期は多くの経験を通して、自分が好きなことを見つける大切な時期です。英才教育にとらわれず、子どもが自由に遊ぶ時間も用意してください。

○ストレスになる場合がある

子どもに学習を強制したり、習い事の教室に馴染めなかったりすると、子どもにとってストレスとなる可能性があります。幼児期の子どもは自分の感情を伝える手段がわからないため、体調不良や感情の起伏が激しくなるなど、普段とは異なる言動としてストレスが表れます。

ストレスが続くと勉強に対する苦手意識が生まれることもあります。英才教育は、子どもの感情を大切にしながら行いましょう。

2.英才教育に対するママ・パパの意見

英才教育に関してはさまざまな意見があり、「子どものためになる」と考える人もいれば、「英才教育は必要ない」と考える人もいます。子どもにとって価値があることであれば、多額の費用をかけてでも英才教育を受けさせたいという人は少なくありません。しかし、「子どもには自由にのびのびと遊ばせてあげたい」と思う人もいるでしょう。

また、英才教育を行ううえでは費用面が心配な人も少なくありません。経済事情や親の考えだけではなく、子どもの意思も含めて英才教育を実施するかどうか判断するとよいでしょう。

3.英才教育として人気の習い事ジャンル

英才教育には、学習系・芸術系・スポーツ系など、さまざまなジャンルがあります。ここでは、英才教育において特に人気が高い習い事を紹介します。

○英会話

英会話は将来的に受験・就職などで役立ち、子どもをグローバル社会で活躍させたい親から人気の高い習い事です。幼児期から英語に親しむことで、無理なく英会話を習得できます。

○学習塾

学習塾は子どもの総合的な思考力の基礎を養うことができ、小学校就学後もスムーズに授業を理解することができます。塾により教育方針は異なるため、目的に合った学習塾を選ぶようにしましょう。

○ピアノ

5歳までにピアノを始めることで、絶対音感が身につきやすくなります。ピアノは両手の指先を同時に使うため、右脳と左脳を効率的に鍛えることが可能です。ピアノの練習により脳が活性化され、情報処理能力や主体性などが育まれます。

○水泳

水泳は全身の筋肉をバランスよく鍛えることができ、運動神経の発達に役立ちます。また、水中で動くことにより、バランス感覚や空間認識能力を高めることが可能です。水泳は比較的スポーツ傷害が少なく、安全に取り組めるスポーツとしても魅力です。

○サッカー

近年では、男女ともにサッカーの英才教育も人気があります。サッカーは運動量が多く団体競技でもあるため、基礎体力・運動神経を向上させるほか、協調性・社交性の育成に効果的です。

子ども本人の気持ちを汲みつつ、英才教育を行う目的に合わせて習い事を選びましょう。

4.英才教育を効果的に施すためのポイント

英才教育は子どもの才能や能力を引き出すために有効です。しかし、指導方法を誤ると子どもが意欲を失う可能性もあります。英才教育を施すにあたり、いくつかのポイントを踏まえることで、学習効果を十分に発揮させることが可能です。

ここでは、英才教育を効果的に施すためのポイントを解説します。

4-1.子どもにプレッシャーを与えない

英才教育を施す際、親は子どもに期待する傾向にあります。しかし、親からの過度なプレッシャーは、子どもにとってストレスになりかねません。英才教育では子どもに結果を期待しすぎないことも大切です。

期待した効果が発揮できなかったとしても、子どもを責めるような発言は避けてください。子ども自身が楽しんでいる姿や、一所懸命に取り組む様子を評価しましょう。

4-2.子どものペースで学習を進める

小さな子どもは集中力が続かないうえ、習得の度合いは子どもにより異なります。子どもの性格や意欲を尊重し、子どものペースで学習を進めることが大切です。

子どもがのんびりしていると、親は先回りをして答えを教えることもあるでしょう。しかし、子どもが自ら考えて問題解決に取り組む機会を奪うとともに、子どもにとって自分のペースを乱されることはストレスになる可能性もあります。英才教育を行う際は自分の子どもを周りと比較せず、子どもの様子を見守るようにしてください。

4-3.子どもと一緒に大人も楽しむ

親が英才教育を意識しすぎて険しい顔をしていると、緊張した雰囲気が子どもに伝わってしまいます。将来的に人の顔色をうかがい、受動的な大人になってしまう危険性もあるでしょう。親子で一緒に英才教育を楽しむことで、子どもの学習意欲が高まります。

英才教育を成功させるためには、子どもが学習内容に興味を持ち、英才教育に対して「楽しい」と思えることが大切です。子どもが自主的に学習に向かえるよう、楽しい雰囲気で英才教育を進めましょう。

まとめ

英才教育は子どもの才能・能力を伸ばすための学習であり、3歳頃までに始めると効果的です。幼児期の英才教育は遊び感覚で学習でき、記憶力が高いため、効率よく学習することができます。また、右脳優位で感性が育つというメリットもあります。

英才教育で重要なポイントは、子どものペースを大切にすること、子どもと一緒に親も楽しむことです。「ハッピークローバー」では、英才教育の一環となる知育教材を取り扱っています。子どもと楽しみながら学習を進めたい人におすすめです。