幼児教育の効果とは|メリット・デメリットから実施時のポイントまで

幼児教育の効果とは|メリット・デメリットから実施時のポイントまで
大切なお受験に最高の一着。ママも安心!豊富な品揃え

小学校就学前の子どもは物事を吸収する能力・知的好奇心に長け、生きるために必要な知識・技能を次々に習得します。
子どもの健やかな成長を願う保護者には、適切な教材・方法による幼児教育をできる限り早く始めることがおすすめです。

では、なぜ幼児教育をできる限り早く始めることが望ましく、子どもの成長を助けることができるのでしょうか。

今回は、子育て中の保護者に向けて、幼児教育の効果や始めるタイミングと実施する際のポイントを解説します。
幼児教育に興味のある方や、幼児教育には本当に効果があるのか知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

1.幼児教育とは|実際に効果はある?

幼児教育とは、小学校就学前の子どもに対して提供される教育のことです。
「教育」といっても、読み書きのルールなど学力向上のみを目的に実施する学習法とは、異なる意味合いを持ちます。

幼児教育の必要性は文部科学省も認めており、初等中等教育分科会において、意義や役割、進め方を提唱しています。

幼児教育とは,幼児に対する教育を意味し,幼児が生活するすべての場において行われる教育を総称したものである。
具体的には,幼稚園における教育,保育所等における教育,家庭における教育,地域社会における教育を含み得る,広がりをもった概念として捉えられる。

引用:文部科学省「子どもを取り巻く環境の変化を踏まえた今後の幼児教育の在り方について(中間報告)(案)」

幼児教育の効果を主張する研究は、非常に多く存在します。
たとえば、アメリカの労働経済学教授は「就学後の教育の効率性は就学前の教育に左右される」といった説を主張しました。
教授はまた「就学前の教育は子どもたちの非認知能力(学習意欲や努力する力、忍耐力など)育成に貢献する」といった説も主張します。

1-1.効果がないと言われる理由

幼児教育は、取り組みを開始してから確かな成果の見られるまでに、長い期間を要する教育です。
「読み書きを覚える」といった目先の成果の見られる教育と大きく異なる形式で成果を判断しなくてはならないため、「効果がない」と主張する声も存在します。

そもそも幼児教育は、未来のための投資として提供する教育です。
幼児教育を進めるうえでは、すぐに成果が見られるものではないことを理解し、将来的な利益につながる教育ととらえる姿勢が求められます。

また、子どもにはそれぞれ固有の関心分野を持つため、「興味を持たない」といったことを理由に「効果がない」と主張する声が存在することも事実です。
子どもの個性をとらえ、一人ひとりの良さを引き出すアプローチをすることにより、幼児教育の効果を高めることができるでしょう。

2.幼児教育のメリット・デメリット

幼児教育には多くのメリットが期待される一方で、いくつかのデメリットもまた存在します。
メリット・デメリットの両方を理解し、自分自身の子どもにとっての必要性を判断することが大切です。

幼児教育の代表的なメリット・デメリットを、以下の表で紹介します。

幼児教育のメリット
  • 記憶力や想像力、好奇心の芽生えや成長を後押しできる
  • 協調性や社会性を育み、小学校入学時点の基本スキルに差を付けられる
  • 教室内の集団行動や人間関係に慣れないことから生じる問題行為のリスクヘッジに貢献する
幼児教育のデメリット
  • 子どもに対し、心理的なプレッシャーを与えるリスクが伴う
  • 心理的なプレッシャーに対する拒否反応で、勉強や習い事を嫌がる子どもも存在する
  • 幼児教育用の教材購入、習い事の通学にまとまった費用が必要となる

幼少期は脳の発達が著しい期間と言われるため、適切な教育を提供することで、記憶力や想像力の発達を助けることが可能です。
幼児教育における集団行動の体験は、小学校以降の生活や人間関係にいち早く慣れることをサポートし、さまざまな問題行為のリスクヘッジに貢献します。

ただし、幼児教育を提供する際に過剰な期待をかけてしまうと、子どもに対する心理的なプレッシャーが大きく、負担を感じる可能性が否めません。
学習能力や言語能力を他の子どもと比較したり、子どもの嫌がる習い事を強要したりすることは避け、温かく見守る気持ちを持つことが大切です。

また、幼児教育用の教材の選択によっては、まとまった費用を要するケースもあります。
小学校入学以降の教育費用まで含む長期的な計画を立てたうえで、家計に負担をかけにくい進め方を検討しましょう。

3.幼児教育を行ううえでおさえるべきポイントとは?

幼児教育を効果的に活用するためには、始めるタイミングや保護者の適切なサポートが不可欠です。

おさえるべきポイントを理解することなく幼児教育を進めてしまうと、期待通りの成果を得ることが難しく、費用対効果が低下するリスクもあります。

ここからは、幼児教育を提供する際に最低限おさえるべきポイントを紹介します。

3-1.いつから始めるべきか考える

幼児教育の開始時期に、明確な決まりは存在しません。
保護者の教育方針や子どもの成長段階を考慮し、開始時期を検討しましょう。

ただし、一般的には「子どもの能力育成を助ける教育は、できる限り低年齢から始めることが望ましい」とも言われます。
子どもの脳は6歳までの発達が著しく、多くのことを吸収できる時期に合わせ、幼児教育を提供することが望ましいとされるためです。

赤ちゃんに対して母親が、「赤くて、甘いりんご」「ふわふわして、おいしい卵焼き」といったように話しかけることも、立派な教育に該当します。
幼児教育に対して身構え過ぎず、できる限り早い時期から教育機会を提供し、子どもの心身の成長を助けることが大切です。

3-2.子どもが楽しんで取り組んでいるか観察する

幼児教育中の子どもの様子をよく観察し、教材や習い事と子どもの相性を見ることは、子どもが「楽しみながら長く学ぶ」ことに効果的です。
子どもが嫌がることの強要は避け、楽しく学ぶことができる教材や習い事を継続すると良いでしょう。

嫌いなことを強要されるとネガティブな感情を持ち、余計にやる気がそがれることは、子どもも大人も同様です。
成長段階に応じて関心の対象が変化するケースも存在するため、大らかな気持ちで見守り、子どもの成長を後押ししましょう。

3-3.期待しすぎないようにする

幼児教育に高額費用を費やすほど、大きな見返りを期待する感情は当然です。 そのため、「良い結果が出たときは過剰に褒め、思い通りの成果が見られないときは落胆する」といった行動を取る保護者も存在します。

しかし、保護者の過剰な期待は、子どもにとってのプレッシャーです。 保護者の期待に応えるために無理を重ね、自信を失うケースも存在します。

ただし、子どもの成長を助けるために意識的な働きかけを行うことは、保護者の重要な役割です。 適切な働きかけ・過剰な期待の線引きを明確に持ち、子どもにとっても保護者にとっても望ましい方法で、幼児教育を進めましょう。

4.教材を含むお受験グッズの購入は「ハッピークローバー」がおすすめ

お受験のノウハウを熟知した「ハッピークローバー」では、スーツやバッグのみではなく、お受験成功を助けるさまざまな知育教材を扱っています。
積み木やパズル、フェルト教材といった種類豊富な教材から、目的に応じたグッズの選択が可能です。

さらに、表現力・記憶力・思考力といったお受験の必須スキル習得を目指す、目標別の知育教材や、親子で一緒に学ぶことのできる教材商品も扱っています。

ハッピークローバーの知育教材には手頃な値段の商品も多く、気軽に始めることができます。
幼児教育の最初の一歩として気になる商品を購入し、子どもの可能性を試してはいかがでしょうか。

まとめ

幼児教育を提供することは、子どもの人生をより豊かで、実りあるものに変えるための有効な手段と言えます。
幼児教育によって培う集中力や人間性、知性は、明るい未来を築くために重要性が高く、社会人に成長した後の仕事にも活用できるスキルです。

子どもが楽しみながら長く学習をし続けるためには、親の協力が必要不可欠と言えます。
まずは、手頃な値段で購入できる知育教材を複数個購入し、子どもの興味・関心対象を見極める方法もおすすめです。
手軽に幼児教育を始めるためには、ハッピークローバーの知育教材をぜひご活用ください。